カードローンというのはとても便利なものです。お金がなくて困ったときでも、すぐにお金を用意することができます。私はカードローンを作るときにできるだけ利用額が大きなカードローンを選びました。50万借りることができるカードローンを持つことができ、これだけの金額があると、お金に困ったときでも上手く対応できています。銀行&消費者金融で申込みをすれば、簡単にカードローンを持つことができます。審査がありますが、私の場合は派遣社員で収入は平均ですが通過することができました。私がカードローンを持つことにしたのは急な出費が必要なときでもお金を用意できるようにしたかったからです。急な冠婚葬祭でお金を用意することができずに困ったことがあったので、それ以来はカードローンを活用しています。返済に関して不安もありましたが、分割での支払いが可能だったので、カードローンを利用してお金を借りても問題なく返済をすることができます。

今まで借りた実績、返済した実績を作る

まず、基本的で誰でも簡単にできることとしては、今まで借りた実績や返済した実績を作る、ということです。
これは大きく分けて3つのメリットがあります。
ひとつは自行内で借りたことがあるということで、その人の信頼性をあらかじめチェックできるというメリットですね。例えば銀行で住宅ローンなどを組んでいると、その住宅ローンを借りるときにすでに調査が行われているので、手間がかかりません。また、その実績があり、その銀行に遅滞なく返済しているという信頼性の高さが評価されます。同じ消費者金融で借り入れ枠を大きくして貰う場合も、これに当てはまります。
もうひとつは信用情報ですね。これはあなたがいつローンの契約をしたり、ローンを利用しているか、返済はしっかりなされているか、ということをしっかり履歴として残してくれる機関です。実はこのような信用情報機関に情報が登録されているのは、今の若い人ならスマートフォンを端末代を分割払いで持っている場合、その支払を滞納したことがなければ支払いをしたことがあり、信頼できると判断されることが多いのです。また、滞納した場合は信用情報に傷がつくことがあります。
最後に、ローンを使ったことがあるということで、ローンの使い方などを知っている、ということでしょう。

 

 

借入希望額は少なくしておく

また、借入希望額は少なめにしておくというのも十分な攻略法になります。
これにもメリットはあります。
一つは借り過ぎを防ぐということです。借りすぎると滞納するリスクが高くなり、支払いができないと追加の借り入れができなくなったり、一括で支払いをしなくてはならなくなるので、とても大きな問題になります。収入の割に大きな希望額を出すと落ちることがあります。
次にリスクが高い人だと判断されにくくなるということでしょう。借り過ぎは滞納するリスクを高めるため、借入希望額を大きくし過ぎるとたくさん借りないといけない人、と判断され、滞納するリスクの高い人だと判断されるのです。このため、借入希望額は必要最低限にしておき、もし住宅ローンやカーローンの場合は頭金を準備するなどして、希望額を少なくしておきましょう。
最後に、借金を返し続けていると、その金融機関での信頼性が高くなり、借り入れ上限額が高くなります。これはその金融機関での信頼ができて、より多くの額を貸してもいいのだと判断され、枠が高くなります。これは心理的にも嬉しいことですし、上限額次第では金利が安くなるというメリットもあります。いろいろなメリットが出てくるのですね。お金を借りるなら、やっぱりカードローンじゃね。

続きを読む≫ 2016/04/03 20:09:03 借金

消費者金融というのは経営状態が悪化している会社など合併されることがあります。消費者金融からお金を借りるときにこうした情報をしっかりと把握しておくことはとても大切です。何故なら、お金を借りるときは会社の情報を色々と考慮して、借入先を選ぶわけですが、借入してから会社が合併しますと、最初とは状況が大きく異なることがあるからです。そのため、消費者金融選びをするときに合併情報をしっかりとチェックしておくことは大事です。どのようにしてこのような情報をチェックするのかと言いますと、それはインターネットを利用すればしっかりと情報を見ることが出来ます。
インターネット上では、一覧表示として消費者金融の情報を掲載しているサイトがあります。このようなサイトを利用すれば、一覧表示から簡単に消費者金融の会社情報を調べることが出来ます。お金を借りるときに、こうした消費者金融の情報をチェックすることも忘れずに情報を調べたいものです。

続きを読む≫ 2014/05/07 08:22:07 借金